子ども福祉センターさんで使う看板イラストを描きました。 | 引きこもり改善治療サポート・少年非行更生改善カウンセリング・薬物依存症治療サポート・よろず…

2019年度
相談件数
113
お気軽に
ご相談ください

  • 2022.03.18 UP !

子ども福祉センターさんで使う看板イラストを描きました。

誰に頼まれたわけでもないですが、作っちゃいました♪

イラストとポップな文言があれば、もっと気軽に子どもたちが寄ってきてくれると思います。

ただ単に、「子どもの居場所を作っています!」と喧伝するよりも、まず、子どもたちが集まりやすいスペース

作れるように頑張っています。

 

全国子ども福祉センターでは、毎週土曜日、名古屋駅前の噴水前にいます。私たちは、着ぐるみを着て募金活動&アウトリーチ(声掛け運動)をしています。

代表の荒井さんは、も出版されています。アウトリーチ入門の本ですので、ぜひ、このブログを読んでくださってる方は、読んでみてくださいね!

 

全国子ども福祉センターでは常時、ボランティアメンバー、賛助会員を募集しています。

 

Twitterも見てあげてくださいね!

全国子ども福祉センター

 

 

お時間あったら、もう少し私のブログに付き合って欲しいです。

 

私は、アウトリーチについて、誤解をしていました。

私が想像するアウトリーチというのは、夜回り先生みたいに街に繰り出して、悪そうな子どもたち、いかにも家出してるような子どもたちに声をかけていく・・・・というものでした。

福祉センターの代表の荒井さんが仰ったこと、それは、

とにかく若い子どもたちに声をかけ、そこで仲良くなり、信頼関係が双方の間にできたとき、はじめて私たちは、仲良くなった子がどんな背景、たとえば非行をした・・が、見えてくるものだ、と。

つまり、まず最初に信頼関係を築かないと、非行や家出、虐待などの背景は見えてこない、とのことでした。

私はその話をきいて、なるほど!!と目からうろこが落ち、感銘を受けました。

 

確かに、はじめっから、「わたし、今、非行に走ってて~」なんて言い出す子どもはいませんし、逆に私たち福祉の人間が、声高(こわだか)に「非行に走ってる子はおいでー!」なんて言っても、絶対非行少年少女たちは集まってきません・・・。

 

私は、これから・・・

全ての子どもたちにとって、楽しそうな、居心地のいい、まさに、街角保健室のような居場所を進んで作っていきたいです。

 

momoka123
編集者
momoka123

愛知県にある子どもシェルタ「パオ」のボランティアとして活動中・・・と言いたいところですが、コロナのため一度も具体的に動けていないので、日常ブログを更新しています。




 
まずは無料メール相談!!お悩みをお聞かせください!