子どもセンターパオへの寄付 by 河島 | 引きこもり改善治療サポート・少年非行更生改善カウンセリング・薬物依存症治療サポート・よろず相談など何でもご…

2019年度
相談件数
113
お気軽に
ご相談ください

  • 2021.02.09 UP !

子どもセンターパオへの寄付 by 河島

河島です。こんばんは! いい夜ですね、ちょっと寒いけど……。

先日、こどもセンター(シェルター)パオ&自立援助ホームぴあかもみーるに、少額ですが寄付をさせて頂きました。

パオもぴあかもみーるも、女の子専用のシェルターです。10代後半から20代前半の女性なので、個人的には、お化粧品、そして洋服やちょっといい靴を買って欲しいですね。

服装を変えたり、美容院で髪を整えてもらうと、気分的にも上がりますし、ちゃんとしようって思えますよね。私の場合は、美容室帰りだとなんだか自分が少し特別に思え、自信がつきます!! 

身だしなみは自分のためにするものでもありますよ、っと個人的には思います^^

私は10代の頃、化粧をまったくせず、服もTシャツにGパンに薄汚れたスニーカーを履いてました。伸ばしっぱなしの黒髪を後ろでてきとうに束ねて、ひどい格好だった。

自分に自信がないのはもちろん、父にいやらしい目で見られてましたから、色気をなくすのに必死でした。悲しい10代でした。

はっきり言って、みすぼらしい格好をするメリットはほとんどないです。ますます自分がしょうもない存在に思えて、自分をないがしろにしてしまいます。

私は27歳ですが、最近は髪型はおしゃれしていますし、服装も誰かに会うときはTシャツひとつとってもおしゃれなやつを選んでます。

あいみょんが着てそうなパーカーとかね。

服を買う、化粧する、髪型を変えるのに、罪悪感を抱く必要はありませんよ!まったく!

私はこれからも定期的に寄付をさせて頂く所存ですし、それでいいお洋服を買ってもらえたら、と思っています。

(ぴあかもでは、働くどころじゃないくらい傷ついてる子どもたちに、5000円ほどのお小遣いが支給されるお話をスタッフさんから訊きました。しかし、5000円だと携帯代で飛んじゃうでしょうから、できるかぎり、寄付という形で補ってあげたいです。おすすめの洋服のサイト(面白いデザインのTシャツやパーカー等)もあるんで、紹介してあげたいくらいですw)

明日は子どもセンターの第三回目の講習があります。

また明日か明後日に、報告致します。

自分には、何ができるだろうか、自問自答する毎日ですが、自分が大人にされてヤだったことは絶対しないと誓います。

では、ごきげんよう。

 

 

momoka123
編集者
momoka123

初めまして。この度、非行少年・少女のカウンセラーを担当させて頂く河島桃花(かわしまももか)と申します。 かつて私は、18歳の冬に、非行少年として家庭裁判所で少年審判を受けた過去があります。(現在は27歳です) 世間の大半の大人は、やむを得ず非行に走ってしまったあなたの『悪い部分』しか見ていないかもしれませんが、非行に走ってしまったあなたたちは、少し不器用なだけだと私は思います。こちらでの活動と並行して、フリーランス作家としても活動するほこら、“10代”と対峙する子どもたちを主人公にした物語も執筆しています。
語学と音楽と小説執筆が大好きです。よろしくお願いします!






ブログタグ

非行 (9) 少年 (1) 将来 (3) 溜飲 (1) 理由 (1) 少年犯罪 (3) 虞犯 (1) 家裁 (1) 依存 (1) 不登校 (1) 家庭 (1) 悩み (1) 相談 (5) 思春期 (2) 進路 (1) 反対 (1) 親 (2) 大人 (3) 反抗期 (1) 職業 (1) 夢 (1) 目標 (2) 雨 (1) カメラ (1) 日記 (2) 視点 (1) 名前 (1) 桃 (1) 下ごしらえ (1) 運 (1) 世間体 (1) レッテル (1) 前科者 (1) 付添人 (2) 当番弁護士 (1) 金 (1) 東方 (1) 弾幕 (1) 刑事 (1) 警察任意同行 (1) 逮捕 (1) More..


よく読まれている 人気記事



お悩み解決の第三社

080-4546-0420
info@dai3sha.com
定休日:不定休
〒487-0033
愛知県春日井市岩成台5-8-18


 
まずは無料メール相談!!お悩みをお聞かせください!